NEW

2017/6/17  月刊 北の毛針釣り師から厳選されたものをピックアップして公開します。
       こちらから

Concept

MONTANAの片田舎の街で自分のFLYDesignができたと思います。
フリーストンの流れで使えるフライを探して来ました。
1本のフライに情熱を注ぎ、完成されたフライ達をここでご紹介していきます。 

サイトリニューアル中です。新しいソフト導入入れ替えなど
まだまだ完成では無いことご了承していただけましたら幸いです。

top

My Favorites Flies

 BH Quills Emerger

      • サイズ>#12-18
        スレッド>8/0
        ボディ>ダッククイル
        ヘッド>ビーズヘッド(ブラック)
        テール>グレーマラード
        ウイング>ディアヘアー
        ソラックス>スクイレルダブ

 
マッチング・ザ・ハッチのフライとして長く使用しているフライパターンです。
メイフライのハッチや時にハッチが不完全で流されてしまった個体にも
見えることがあります。このフライで大事な所は、ディアヘアーの処理と
マテリアルの硬さが大切なセレクトになります。
折り返して、ソラックスと混ぜて行く時に、ディアヘアーの根本を揉んで柔らかくしてボディに沿わせるようにします。またソラックスも3回に分けて質感を変えてあげることが必須です。ディアヘアーは、コンパラディアヘアーを使用しています。太さも丁度よくて、バリバリ感もないのでこだわって使用して下さい。
ビーズヘッドもゴールドよりブラックのほうが自分良いような感じがします。
ダウンストリームの釣りが主体になるようにポジショニングを川の中で作って下さい。
川に対して45度辺りがヒットさせる事を想定して、川と90度の位置から大きくリーチキャスティングで入って行きます。距離によってはメンディングをプラスする釣りになります。フィーディングレーンに乗ったら、ひたすらナチュラルドリフトを保って下さい。
45度の辺りでフライの向きを変えます。魚に餌信号が送れたのなら、ヒットしてきます。メンディングも縦の動きを意識するのであれば、スタックメンディングを酷使してやりますが、フライの動かし過ぎは逆効果になる場合が多いです。このフライは、フリーストンで最高でした。北海道なら十勝川水系。アメリカでは、マディソンリバーで大活躍してくれました。流れの強いところでは、3/4アップストリームキャストで調整することが大切です。
これはこのフライに限らず、同様なフライにはすべて通じるものなので試してみて下さい。この釣り方がアウトリガーの釣りの基本となります。この他にインジゲーターを使用した方法があります。それをもっと効率良くした方法でインジゲーターをドライフライにしてドロッパーシステムがあります。
海アメマスの釣りでは良く使用するシステムです。ニュージランドに行った時は、フィッシングガイドがお勧めの釣り方でした。もちろんドロッパーフライのドライフライに出ることも多々あるので、想定外の出方をされるので面白い場面の釣りを経験しました。
アメリカのドリフトボートの釣りでも、ガイドお勧め釣り方でホッパーの時期は必ずビーズヘッドニンフが付いていました。でもこれが釣れますね。下のビーズヘッドニンフで釣れるとホッパーに向かってくる他のトラウトは良くありました。
過去に何回かダブルヒットありましたが、ほとんど片方の魚が外れます。理由はわからないですが、二頭おうものは一頭も追えずというところなんでしょうか()欲は出してないんですけど。水面下数センチの世界です。メイフライイマ-ジャーの釣りもステージがいろいろあります。完全生体の脱皮が成功になるとフローティングイマ-ジャーとしてドライフライに近い釣りになります。自分の前にいる魚がどんな状態の餌に反応しているかを見てフライをセレクトして下さい。

top

 Spring Dun

      • フック>ドライフライフック
        サイズ>#14~18
        スレッド>8/0
        テール>ディアヘアー
        ボディ>ディアヘアー
        リブ>スレッド
        ソラックス>スクイレルダブ
        ウイング>CDC

 
このフライは、1984年に最初にデザインスタートしました。
当時「ノーハックサイドワインダー」という世界のフライタイイング巨匠が
集まって完成した世界最高の作品がありました。
もちろん自分も使用しましたが、効果は歴然と他フライをしのぐものがありました。
もちろん使い方やフライタイイングなどまだまだ調べが足りず
納得いくものがありませんでした。
自分はそのフライを勉強したいことで、アメリカのフライ巨匠達に会いに行きました。
フライタイイングした本人に会いたかったこと、
そしてフライのこと教えてもらいたかった。
そしてこのフライを超えるフライを完成したかった。
こんな思いがこのフライにはあります。
似たようなフライパターンはありますが本質的なものすべて違うタイプでした。
このフライの目的として最小数のマテリアルで完璧なフライを作るということです。
今回は、スレッドを外すと三種類のマテリアルしか使いません。
これは、プロタイヤーがもっとも嫌がるフライタイイングです。
大量のマテリアルでフライタイイングするフライと違い、
マテリアルでの誤魔化しが出来ません。
完璧なタイイングテクニックとフライシルエットが出来ないとフライになりません。
もちろんサイドワインダーにも同じことが言えます。
自分の中では完成と言いたいですが、きっとまだ追求すると思います。

top

 Anchovy5

      • フック>管付チヌ
      • サイズ>8号
      • スレッド>8/0
      • アイ>エポキシアイ
      • ウイング>ウルトラヘアー
      • ポーラーベアー
      • スロート>フラッシャーダビング 

 
1990年ころに第一作目のアンチョビが出来ました。
試行錯誤の作品で海アメマス攻略のために、いろいろとテストしていました。
ソルトウォーターというフライフィッシングなんですが、
相手があくまでもトラウトなんです。サーモン類とはあきらかに違う種族です。
時期が来て海へ降りるという感じではなく、自分の住んでいる河川の餌が不足して冬の間の餌探しに海へというような感じです。
一応秋に降りて、春にまた川を登るのですがパターンになっています。
サーモンほど自分の河川への回帰力はないようです。隣の川でもというかんじです。
しかしアメマスのDNAの中に海へ降りるという本能があるのでしょうか?
たとえば海外のドリーバーデンやブラウンなどは海に出ますね。
ブラウンはシートラウトやカットスロートもシーランカットスロートもいるぐらいです。
まだなんか未知の世界みたいですがいずれ解明することも遠くは無いと思います。
ここでは、フライのほうで20年間ぐらいテストしているフライとしてこのオリジナルフライのアンチョビがあります。形状はあまり変化させていません。
いずれもミノーを題材としてデザインしています。もちろん正式に餌になっているカタクチイワシや春の鮭稚魚は海アメマスの主食となっていると思います。
他にはオキアミやシュリンプです。たまにシラスやオオナゴなんかが餌となっています。もちろんマッチザミノーということで合わせてみますが、絶対という感じが無いのがこの海アメマスのフライフィッシングのような感じがします。
海ですからやはり広範囲に攻めていくのも釣果に表れてきます。ポイントを熟知することやフライフィッシングの特性を生かした釣り方にフライの選択をプラスしてくるところです。実際に主のカラーがブルー系で釣れている時でも隣でオレンジでも釣れるんですよね。
これはサイズやシルエットだけだと思いますが結構イージーな場合もあります。
でもスカッドで釣れている時はミノーは厳しい時があります。
この辺は、しっかり海アメマスもサイズを確認して捕食していると思います。
だいたいのフライサイズとカラーを用意しておくのがベストだと思います。
シーズンスタートは必ずカタクチイワシを餌としています。沖合でナブラがたったり、
海アメマスがカタクチイワシを団体で岸まで追い込んでカタクチイワシが岸に
ガンガン飛んできて最後に海アメマスまで岸に飛んでくるのは何回も見ています。
この時は確実ですが、なにせ移動が速いですからフライを交換してなんて時間は
全くありません。約10秒でまったく何も無かったような静けさになってしまいます。
しかしこのような日は、何回も追いがあると思いますので、フライのセットだけは準備しておいたほうが良いです。
定番カラーとしてチャートリュース、オレンジ、ピンクはあると良いですね。
春はサイズダウンしてグレーやオリーブを基調としたフライパターンを用意しておくと
鮭稚魚として狙えるフライに変身します。シーズン通して使えるフライです

top

 BH Flymph

      • フック>ロンググラブフック
        サイズ>#16~8
        スレッド>8/0
        テール>ソフトハックル
        ボディ>スクイレルダブ、ビーズヘッド
        ハックル>ソフトハックル
        リブ>ワイヤー

 
フリンフ(Flymph)フリンフは、1960年代に使った表現で、
fly + nymph=flymphという造語です。
ニンフとダンの中間の状態で水中状態のイマージャーの状態です。
スウィッシャー/リチャーズの"Selective Trout、セレクティブ・トラウトおよびEmergers、イマージャーズ、カウチ/ナスターシのHatches、ハッチズなどによってイマージャーの概念が確立されたので、フリンフということばは使われなくなった。
しかし、イマージャーが釣りで重要であることと同じようにフリンフという語源も残していきたいと思います。ということで世界が忘れないうちにご紹介していきます。原則はイマ-ジャーであるので使用する時間もハッチに合わせると更に効果的なフライへと変わると思います。自分が大好きなフライバージョンとして、モンカゲロウパターンがこのフライにピッタリな水生昆虫だと思います。大型のメイフライが良いですね。
海外のグリーンドレイクやブラウンドレイク、日本でもオオマダラカゲロウなんかに合わせても良いです。湖のモンカゲロウのハッチに合わせてリトリーブの釣りにも良いですね。一度カウントダウンしてゆっくりとリトリーブしてくると良いですよ。ラインはフローティングやインターミディエイトぐらいでぴったりだと思います。リーダーもあまり長くしないで動き重視のスローテーパーで攻めるとやる気のあるトラウトにはたまらない存在となるでしょう。
川でも流しきって最後まで気を抜かずにフライが上昇してくる時にヒットすることがあります。もちろんイマ-ジャーという水生昆虫の行動と同じスタイルになると思います。フリンフの特徴としてウェットハックルフライがスタートです。この辺は今でもウェットフライとして君臨しているわけです。フリンフの場合は、マッチング・ザ・ハッチ系になるためシンカーをいれたり、もちろんインジゲーターをつけた釣りも考えられます。

top

 ギニア&ヘアーズ

      • フック>ロンググラブフツク
        サイズ>#6~8
        スレッド>8/0
        テール>ゴールデンフェザント
        ボディ>スクイレルダビング
        ハックル>パートリツジ、ギニアホール
        ヘッド>ゴールドワイヤー
        リブ>ゴールドワイヤー
        タグ>フラットティンセル

 
ハックルタイプのウェットフライです。サイズは、ちょっと大きめが良いですね。
中流域の流れでフリーストンのような場所では広範囲に探るには使いやすいウェットフライです。誰でも簡単にタイイングできること、もちろん釣れることも大事ですけど(笑)
ロストしても良いように大量に作るときは、こんなウェットフライもどうでしょうか?自分も好きなタイプのフライで日中と限らず魚の気配が無いときには中々使用頻度の高いフライになります。なんとなくクラッシック感もあってそそられるフライデザインだと思います。

#5~#6ぐらいのシングルロッドやもう少し高番手のスイッチロッドなんかを使ってノンビリと川下りも良いですね。フライカラーもオリーブやライトジンジャー系も釣れるフライカラーです。ワンポイントでオレンジやチャートリュースを加えるとアメマスに効果大です。このフライをマッチング・ザ・ハッチの世界から見ると、ヒゲナガトビゲラのピューパです。サイズも同じくらいです。条件によっては、ドロッパーシステムで軽めのダブルハンドロッドでスペイフライフィッシングも楽しいかと思います。

今回フライのヘッドもあえてビーズヘッドを使わずゴールドワイヤーを巻き上げています。これだけでもクラシカルな雰囲気にもなりますし、充分なフライのウエイトの役目もしてくれるわけです。このタイプのフライを使うときに最近ファルドリーダーを使っています。自分で自作したものです。

市販品もあります。ターン性能が高いことでドロッパーフライにしたりウエイトの大きいニンフフィッシングなんかにもターンしやすくことそしてドラグもかかりずらいことが良いですね。ティペット部分は通常のナイロンモノフィラメントを使用しています。適度の伸びが合わせるときのショックアブソーバーになっています。今回はあくまでもウェットフライという感覚でイミテーションフライではなくアート的フライとして使用していきたいです。極力シンプルクラッシックでというのがテーマです。

top

 Form Grass hopper

      • フック>ロングシャンク
        サイズ>#4--8
        スレッド>6/0
        テール>フォーム2mm
        ボディ>フォーム2mm
        ヘッド>フォーム2mm
        ウイング>フォーム2mm、ディアヘアー
        レッグ>ラバーレッグ

 
このタイプのフォームを使用したフライはここ20年前からいろいろと発表されてきました。そして毎年マテリアルなどの変更がプラスしてどんどん良くなってきました。有名なフライパターンとしてはチェルノブイリアントは、かなり有名になりましたね。ホッパーもいろいろとあってもう少しレッグをグレードアップして関節を付けたり良い雰囲気を出しています。

今回は簡単に作れることや材料費などを考えています。マダムXのフォームバージョンといえばぴったりします。モノフィラでアイを作ったり、レッグに関節を入れるとさらにリアルイミテーションフライになってきます。

特別フロータントも必要なくマテリアルの浮力で十分な浮力があります。このフライで以前モンタナのビッグホーンリバーですごい釣りをしたことがありました。ボートトリップの釣りでした。フライはこのフライと同じものを用意します。リーダーは、7フィートぐらいにして直結でフライを取り付けます。先端は2Xぐらいあると思います。ガイドは、ソフトプレゼンテーションは、ダメということで、もうこのサイズのフライが川の水面にボチャンという感じで水面をフライで叩いていきます。それもバンクから1メートル以内というところです。

川底の石が見えるかなというぐらいの流れの下からブラウンが一気にフライに襲い掛かるという感じでヒットしてきます。ひどい時は2匹ぐらいが競って出ることもあって、けっこうスリリングな釣りをしてきました。しかしこの釣りは体力勝負でバシッバシッロッドを振るのですぐに疲れてしまいます。

手はマメだらけになり、一匹かけたら休憩って叫んでいました(笑)。すごくイージーな釣りですがセオリー通り流れに乗せないと魚には、まったく反応しません。北海道でも同じ釣りをしてみました。それなりに条件が揃うと出てくれます。これからがホッパーの良い時期に入ります。大型ドライフライとして楽しい釣りのひとつ、ぜひお試しください。

top

サーフェイス・カディス

      • フック>TMC2312
        サイズ>#8--14
        スレッド>6/0
        テール>Z-LON
        ボディ>スクイレルダブ、Ice Dub
        ウイング>ディアヘアー

1990年のアメリカの土地を踏んでいろいろとアメリカの河川でフライフィッシングを試してきました。アメリカのカディスの多さには本当にビックリするものがありました。
北海道でもヒゲナガトビゲラのスーパーハッチの大群は何度も経験しているので、それなりに自陣はありました。しかしこのウエストイエローストン周辺の水生昆虫の多さは凄い数でした。

イブニングライズの最中にフライボックスを開けてフライ交換をして蓋をしめると何匹か必ずフライボックスに残ってしまいます。とくに凄いのは、北海道にもいるカクスイトビゲラ系のカディスです。こいつの時は毎度10匹は、フライボックスに取り残されてしまいます。スーパーハッチの中、川にウェーディングしていると全身がカディスだらけになってしまいます。虫嫌いの人だったら気絶するぐらいの数が全身にとまっています。偏光サングラスや眼鏡をしているフライマンだと眼鏡の内側に入ってくるのには参ります。さすが釣りは一時ストップとなってしまいます。

それではこのフライが出来た条件などをご紹介します。マディソン川の上流でカディスのスーパーハッチがこの時期始まっています。上流と言えど川幅は100mぐらいの規模です。入りやすいポイントから入ってから下流に向かって降りて行くと中州の岸よりのポジションで魚を待ち受けるにしました。北海道で見るライズの1年分がきっとこのイブニングで全て見えしまう勢いです。ハッチしたカディスは直ぐに上流へと移動して行きます。それにつられるように魚達も大胆に魚体をだしてライズしてきます。

今日のライズフォームがカディスのアダルトに出る時と違い、あれっと思うときがあります。とりあえず今セッティングしたエルクヘアーカディスをそのまま使用することにしました。アメリカの釣りでは、クロスからダウンストリームの釣りが多くフライ先行がベストです。フィーディングレーンの中には少なくみても10匹ぐらいライズしています。

まずはそのレーンに向けてキャスティングです。100%のヒットを想定してのプレゼンテーション、手に汗握る状態でいつでも合わせる準備しますが、全て無視されます。・・・・釣れない。こんなにいるのに、これがマッチザハッチなんだと実感フライもサイズもぴったりだと思いましたがカディスアダルトとイマージャーの違いで釣れないんだ。それもスティールボーン状態だけ選んでいるようです。すぐにフライを回収してハックルの下側をむしってウイングのエルクヘアーも少なくしました。フロータントはグリス系のものを使い薄くウイングだけにつけます。水面にフライが乗るとヒタヒタという感じです。予想通り大爆発です。何匹かストマックポンプを使って調べると大量にイマージャー状態のカディスが出てきます。

明日のフライのためにサンプルを捕って、モーテルの部屋に持ち帰りました。そして出来たフライがこのフライです。実際にサイズ・カラーを変更するとほとんどのカディスに対応することができます。このフライは、ニュージランドやカナダでも釣った記憶があります。カディスの生息するフィールドでは使えるフライとなりました。

top

Profile

 前川英一 


 

artistic flytying & photograph

TOKYO渋谷生まれ 1954 / 01 / 21 
1969年からFlyfishingの世界に入り
アメリカ・ニュージランドカナダとFlyfishingの修行に行く。
とくにアメリカのマッチングザハッチの釣に感銘する。
Henry's Fork River、MADISON Riverなどに20年通いFlyfishingの真髄を求めた。
アメリカの各河川で自分のFlyfishingを確立する。
そこからFlyのデザイン・フォトグラフを48年間追及しています。(2017年)
 
書籍
北海道のつり 「北の毛針釣り師」を262回まで連載。
約22年の紙面でのご紹介でしたが、2017/02にて休刊。
他同誌に「北米鱒釣生活」の連載。